【台湾】高雄の定番観光地「高雄85スカイタワービル(85大樓)」に行ってみた

高雄のランドマーク的な存在といえるのが「高雄85スカイタワービル」です。

20世紀後半の1997年にオープンした台湾に2番目に高いビルです。高雄市内は高層ビルや高層マンションがいくつもそびえ立っていますが、ひときわ高いのが「高雄85スカイタワービル」です。

スポンサーリンク

高雄85スカイタワービルとは

高雄85スカイタワービルは中国語で「高雄85大樓」と呼ばれています。高さは378メートルで、高雄市内で最も高い高層ビルです。台北の台北101ビルが建つまで高雄85スカイタワービルが国内で最も高い建造物でした。スカイタワーの基礎工事が始まったのは1988年のこと。当初は「TCタワー」と呼ばれていました。1989年に掘削工事が始まり、1993年に基礎工事がほぼ完成しました。その後中央高層棟を支える37階建ビルの建設が始まりました。中央の高層棟を含むすべての建物が完成したのが1997年です。

高雄スカイタワービルは私たちが見慣れている高層ビルとは少し異なっています。外観を見るとお分かりになると思いますが、両側に2棟の高層ビルがあり、中央のビルを支えているように見えます。中央の高層棟は階下が吹き抜けになっています。ちなみに展望台は74階にあります。展望台行の専用エレベーターで75階まで登り、階段を下りると展望台にたどり着きます。

ビルの中はどうなっているか

高雄85スカイタワービルはショッピングモール、オフィス、ホテル、マンションから成り立っています。かつては日本の百貨店が入居していましたが、今は撤退したため、現地の百貨店が営業しています。高層階には85スカイタワーホテルがあり、日本からの観光ツアーで宿泊する日本人も多いのが特徴です。

展望台へ

高雄85スカイタワービルの展望台に行くには、専用のエレベーターを利用します。

最高速度600m/minで一気に75階まで登ります。時間はわずか43秒です。私が小学生のころ、池袋のサンシャイン60の展望台に行ったことがありますが、その時も超高速エレベーターで一気に展望台に行ったのを思い出しました。エレベーターに乗ると、速度と高度が表示されます。

最初は明るい照明ですが、その後星空が広がる演出が施されています。急上昇するので飛行機に乗ったような気分です。

展望台からの眺め

展望台からは高雄市内を360度見渡せます。

高雄港や西子湾、高雄動物園のある壽山、

三多商圏の百貨店などを見下ろせます。

展望台には望遠鏡もあるので、高雄の街をより詳しく知りたい場合には利用するとよいかもしれませんね。

展望台には高雄の歴史や、テーマに合わせた展示があります。

カフェとスカイタワーグッズが販売されているショップも併設されています。

ほかにもテーブルゲームなどがあって子どもたちがワイワイ楽しんでいました。展望台は冷房が効いているので暑い夏の時期に訪れる場合は気持ちがいいと思います。

高雄85スカイタワーの料金

高雄85スカイタワーの料金は以下の通りです。

・大人180TWD(約680円)

・身長110センチ以上の子どもと学生証を提示できる人および団体の場合150TWD(約460円)

・65歳以上(シニア)90TWD(約340円)

・身長110センチ以下の子どもは無料。

スカイタワーホテルのホームページには優待情報なども掲載されているので、行く予定がある場合には事前にチェックしておくと良いかもしれません。ホームページは日本語サイトも用意されています。

営業時間:午前9:00~午後10:00

高雄85スカイタワー展望台【公式】ホームページ

高雄85スカイタワーへのアクセス

高雄85スカイタワーへは高雄MRTレッドライン(捷運紅線)の三多商圏駅から徒歩で約11分です。

高雄駅からタクシーを利用する場合は約200元です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る