台湾高雄国際空港でSIMカードを購入してみよう

高雄国際空港に到着したらすぐにしておきたいのが台湾ドルの両替とネット回線の確保です。台湾ドルへの両替はATMで済ませるとして、ネット回線の確保はどうしたらよいのでしょうか。

スポンサーリンク

SIMカードを購入する際に用意するもの

SIMカードを購入する際に必ず用意しておく必要があるのは次の3つです。

・SIMフリー端末(スマートフォン、タブレット、モバイルルーターなど)
・パスポート
・現金

SIMフリー端末というのは、SIMロックが解除されている端末のことです。もし日本でNTTドコモ、au、ソフトバンクなどで購入したスマートフォンを利用する場合は必ずSIMロックが解除されているものを持参してください。

もしSIMフリー端末を持っていない場合は、事前にSIMフリー端末を用意しておきましょう。

SIMフリースマートフォン

SIMフリータブレット

SIMフリールーター

キャリア版のiPadは海外でSIMフリーになる

キャリア版(NTTドコモ、au、ソフトバンク)で購入したセルラータイプのiPadに限り、SIMロックを解除していなくても海外で使用することができます。もしキャリア版のiPadを持っている場合は、台湾でSIMカードを購入してモバイル回線を利用することができます。

高雄国際空港で購入できるプリペイドSIM

高雄国際空港の到着ロビーには中華電信、台灣大哥大、遠傳電信、亞太電信のカウンターがあります。

中華電信 到着ロビー出口左手

遠傳電信 中華電信カウンターの隣
亞太電信 遠傳電信と同じカウンター

台灣大哥大 スターバックス並び(インフォメーションカウンター隣)

キャリアごとの対応周波数を確認する

プリペイドSIMを購入する場合、対応周波数を確認しましょう。キャリア版のスマートフォンを持っている場合は、どの台湾の携帯電話キャリアの周波数に対応しているかを確認してください。

キャリア BAND3(1.8GHz) BAND8(900MHz) BAND28(700MHz)
中華電信 ×
台灣大哥大 ×
遠傳電信 ×
亞太電信 ×
NTTドコモ ×
au × ×
Softbank ×

プリペイドSIMの料金

プリペイドSIMを購入する場合は、滞在日数に合わせて必要な日数分のプリペイドSIMを購入してください。ちなみにどのキャリアもデータ通信は無制限で利用できます。

中華電信

日数 料金 日本円 無料通話
3日間 300TWD 約1100円 100TWD
5日間 300TWD 約1100円 50TWD
5日間 500TWD 約1850円 300TWD
7日間 500TWD 約1850円 150TWD
10日間 500TWD 約1850円 100TWD
15日間 700TWD 約2550円 100TWD
15日間 800TWD 約2910円 250TWD
30日間 1000TWD 約3700円 430TWD

台灣大哥大

日数 料金 日本円 無料通話
3日間 300TWD 約1100円 100TWD
5日間 300TWD 約1100円 50TWD
5日間 500TWD 約1850円 300TWD
7日間 500TWD 約1850円 150TWD
7日間 700TWD 約2550円 350TWD
10日間 500TWD 約1850円 100TWD
10日間 800TWD 約2910円 400TWD
15日間 1000TWD 約3700円 400TWD

遠傳電信

日数 料金 日本円 無料通話
3日間 350TWD 約1280円 150TWD
5日間 400TWD 約1460円 150TWD
10日間 550TWD 約2000円 150TWD

亞太電信(データ通信のみ)

 

日数 料金 日本円
3日間 250TWD 約900円
5日間 300TWD 約1100円
12日間 600TWD 約2300円

プリペイドSIMカード購入方法

希望するキャリアのカウンターに行き、欲しいタイプのプリペイドSIMを購入します(カウンターのスタッフは英語が通じます。)メニューが提示されるので、欲しいタイプを指してパスポートを提示します。料金を支払うとSIMカードが受け取れます。

中華電信はインターネットでの事前申し込みが可能です。日本語の予約ページで事前に申込を済ませておけば、スムーズに受け取れます。中華電信事前申し込み予約ページ

APN設定

SIMカードを受け取ったらSIMフリー端末にセットしましょう。

SIMカードは切り抜き式になっています。自分の端末に合う大きさにカットしてください。

SIMフリー端末によっては自動でAPNを設定してくれるものがありますが、自分で設定するタイプのものもあります。その場合、APNは次のように設定します。

APN internet
ユーザー名 なし
パスワード なし

中華電信のプリペイドSIMを街中で実際に利用した速度はこのような感じです。

日本で台湾SIMを購入する

深夜到着便の場合、プリペイドSIMを販売するカウンターが閉まっているケースが多いです。そのような場合に備えて、日本であらかじめ台湾のプリペイドSIMを購入することもできます。アマゾンで販売されているので、購入後台湾に持参すると良いでしょう。

レンタルWi-Fiを利用する

友だち同士や家族で旅行する場合、一人ずつプリペイドSIMを購入するよりも、レンタルWi-Fiを利用したほうが安く済む場合があります。台湾到着後すぐに利用できるので、意外と便利です。

中でも有名なのがイモトのWiFiです。



イモトのWiFiは3Gプランと4GLTEプランから選べます。速度をあまり気にしないという人なら3Gプランで十分かもしれません。ある程度速度を求める人は4GLTEプランを利用する方法もあります。

イモトのWiFiレンタルプラン

プラン 500MB/日 1G/日
3Gプラン 680円/日 なし
4GLTEプラン 1,280円/日※ 1880円/日※

※キャンペーン適用で割引あり

詳細は⇒イモトのWiFiでご確認ください。

まとめ

高雄国際空港は到着ロビーがシンプルなので、プリペイドSIMカードの購入や外貨両替などの手続きがスムーズにできます。モバイル端末があれば台湾旅行を十分楽しめると思います。手続きはそれほど難しくないので、試してみるのはいかがでしょうか。

海外でデビットカードを使うのはとても簡単!おすすめのデビットカードは?
クレジットカードのキャッシングは気軽に利用できるように見えますが、実際は海外で借金をしていることになるんですよね。借金なんて絶対にしたくない!そんな人におすすめなのがデビットカードです。
スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る