サプライス!で購入したスクートの座席指定をしてみた

今回一時帰国用にHISが運営する格安航空券販売サイト「サプライス!」でスクートのチケットを購入しました。旅行代理店経由でスクートのチケットを購入するのはこれで2回目。今回もスクートの座席指定ができるか実際に試してみました。

スクート搭乗記については過去記事をご覧ください。

【LCC搭乗記】最新鋭B787スクートTZ201便成田発台北経由シンガポール行に乗ってみた
今回東京発台北経由シンガポール行のスクートTZ201便を利用しました。チェックイン、手荷物検査や機内の情報をまとめました。
スポンサーリンク

サプライス!のサイトへアクセス

サプライス!のホームページにアクセスしましょう。航空券のチケットを購入するとマイページにチケット情報が表示されます。マイページへのアクセスはサプライス!のトップページ右側にある「サインイン」から入ります。

座席指定はできる場合とそうでない場合がある

サプライス!のFAQを見てみると座席指定ができる場合とそうでない場合とがあるとのことで、今回どちらに当たるのかをまず確認してみました。今回利用する予定のスクートはTZ201便(東京成田発台北行)とTZ202(台北発東京成田行)です。スクートの場合、サプライス経由での座席指定はできません。ただし通路側か窓側かの選択は可能です。座席指定方法は後半で説明します。

窓側・通路側を指定する方法

eチケットの控えを確認する

サプライスからのメールによると、スクートはパスポートチェックインが可能だということですが、メールでeチケットが発行されたことが知らされました。

マイページにある「予約内容」をクリックすると予約内容の詳細が表示されます。

ここから「eチケット控え」の印刷ページへアクセスできるようになっています。

ここを開くとeチケット印刷ページが表示され、予約内容の詳細が表示されます。

旅程表を表示させる

旅程表を表示させましょう。旅程表を表示させると「座席リクエスト」という項目があります。ここで予約できるのは窓側か通路側だけで、座席指定はできません。

家族や友達同士、カップルで予約している場合、当日チェックインだと座席がバラバラになってしまう可能性が高いです。一緒に座りたい場合や、足元が広いシートを選択したい場合はスクートのホームページで予約を行います。

スクートの予約サイトで座席指定をする

スクートの直販ページでチケットを予約する場合、座席指定や荷物の追加、機内食の事前注文、機内wi-fiの予約ができます。予約を変更する場合、6ケタの予約番号と旅行者情報が必要です。つまり予約番号と旅行者情報さえあれば、旅行代理店経由で購入したチケットでもスクートの予約サイトで座席指定ができます。

サプライス!のマイページでは座席指定ができないため、スクートの予約サイトで座席指定ができるかどうか試してみました。

旅程表を表示させる

先ほどの手順に従ってサプライス!のマイページで旅程表を表示させましょう。サプライス!トップページ>マイページ>予約内容>eチケット控えの表示の順でアクセスします。

※注意点:eチケット控えの表示下にある予約番号はサプライス!の予約番号なので、スクートの予約番号とは異なります。

旅程表が表示されたら旅程表にある「航空会社予約番号」をメモしてください。6ケタの英数字からなっている番号がそれに当たります。メモを取ったらいったんログアウトしてください。

スクートの予約ページへアクセスする

次にスクートの予約ページにアクセスします。スクートのホームページの予約・確認タグをクリックすると予約番号と搭乗者情報を入力するフォームにアクセスできます。

予約番号を入力します。続いて搭乗者情報の欄はサプライス!で予約した際の代表者の氏名をアルファベット大文字で入力します。続いて出発地と目的地を選択します。

予約内容の表示

予約ページにアクセスできると、予約内容が表示されます。

このページを下の方にスクロールすると「お客様情報」にたどり着きます。ここで追加預入手荷物や座席指定、機内食などを追加リクエストできます。今回は座席指定なのでChoose seatを選択します。

シート選択画面

シート選択画面が表示されました。ここで事前に座席指定が可能です。シートはスタンダード、スーパー、ストレッチャーに分かれています。希望する座席を選択します。同行者の座席指定もこちらから可能です。

支払い

座席指定料金はクレジットカードやデビットカードで行います。旅行代理店からの請求はないので安心してください。クレジットカード情報を入力し、3Dセキュア認証を済ませると座席指定が完了します。

海外でデビットカードを使うのはとても簡単!おすすめのデビットカードは?
クレジットカードのキャッシングは気軽に利用できるように見えますが、実際は海外で借金をしていることになるんですよね。借金なんて絶対にしたくない!そんな人におすすめなのがデビットカードです。

チェックイン

フライト当日はチェックインの際にeチケットを印刷して持参するようにしてください。座席指定が完了していますので、当日はあらかじめ予約しておいた座席が記録されたチケットが発行されます。

まとめ

旅行代理店経由でフライトチケットを購入する場合、事前予約ができない場合が多いのですが、今回のように航空会社のホームページで予約できるケースもあります。代理店経由で依頼すると追加料金が発生してしまい、割高になる可能性が高いので、自分で予約をするのがおすすめです。

サプライス!は定期的にセールを実施しています。割引クーポンを発行することもありますので、LCCのサイトで購入するよりも割安な場合があり大変お得です。「サプライス!」のホームページはこちら

海外でデビットカードを使うのはとても簡単!おすすめのデビットカードは?
クレジットカードのキャッシングは気軽に利用できるように見えますが、実際は海外で借金をしていることになるんですよね。借金なんて絶対にしたくない!そんな人におすすめなのがデビットカードです。
スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る