【台湾】銀行口座開設方法と必要書類‐実際に口座を開設して確かめてみた

台湾での生活で必要になるのが銀行口座です。観光やビジネスで短期間台湾に滞在する人も台湾に銀行口座を持っていれば、余った外貨をそのまま預金しておくことが可能になります。レートが良い時に多めに両替し、口座に台湾ドルをプールしておくといった利用方法も可能です。そこで台湾で銀行口座を開設する際の情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

口座開設に必要な書類

台湾で銀行口座を開設する場合、パスポートと現金を銀行に持参するだけでは口座開設ができません。台湾で銀行口座を開設する場合に必要になる資料は次の通りです。

・中華民國統一證號(台湾版マイナンバー)もしくは居留証※
・パスポート
・身分証明書(写真付き:日本の運転免許証でも可能)
・届出印(外国人の場合はサインで代用可能)
・台湾の電話番号(携帯電話も可能)
・台湾の住所(観光の場合は滞在するホテル住所でも可能)
・初回入金に必要な現金(1000TWD以上)

※中華民國統一證號(台湾版マイナンバー)の申請方法は過去ログをご確認ください。

【台湾】銀行口座開設に必須のマイナンバー「中華民國統一證號基資表」を取得する方法
台湾では観光ビザで銀行口座を開設するには「中華民國統一證號基資表(マイナンバー)」の取得が必要です。中華民國統一證號基資表の申請の流れを紹介します。

口座開設をする

口座開設をする場合、どの銀行に口座を作成するか事前に決めておくことをお勧めします。台湾には複数の銀行があるため、自分にとって利便性の高い銀行を選ぶと良いでしょう。

ちなみに私は自宅から歩いていける中国信託銀行を選択しました。

中国信託銀行なら台湾国内の全てのセブンイレブンにATMがあり、引き出し手数料が24時間無料で利用できるというメリットがあります。日本の場合、指定時間外だと手数料がかかるので、大違いですよね。

中国信託銀行は東京にも支店があり、中国信託商業銀行と呼ばれています。(ちなみに東京スター銀行は中国信託銀行の傘下です。)
支店は日本のほかにも香港、中国、アメリカ、ベトナム、インド、シンガポールに設置されています。

中国信託商業銀行ホームページ(日本)

受付で口座開設希望を伝える

銀行によって受付場所が異なりますが、まずは受付で口座を開設したいことを伝えましょう。英語が話せる行員もいますので、中国語に自信がない人は英語が話せる行員を呼んでください。

口座開設の目的を聞かれるので、どのような目的で口座を開設したいかを伝えます。

・盗難防止のために台湾ドルを預金したい
・給料の振込口座として利用したい
・学費の支払い口座として活用したい
・家賃の引き落とし口座として利用したい

どんな理由でも構いませんので、口座開設の目的を伝えましょう。

開設届け出用紙への記入内容

インフォメーションに要件と伝えると、口座開設窓口へ案内されます。

窓口で口座開設申込用紙を受け取り、必要事項を記入してください。

申込用紙には以下のことを順番に記入します。

・氏名(漢字およびアルファベット)
・統一證號番号
・台湾の現住所(ホテルの住所でも可能)
・メールアドレス
・電話番号(固定電話、携帯電話どちらでも可)
・最終学歴
・婚姻の有無
・年収(日本円で得ている場合は、台湾ドルに換算して概算を記入)
・職業および役職
・アメリカ市民権所有の有無

用紙に必要事項を記入する前に、番号札を取っておくことをお勧めします。(テラーが番号札を用意してくれると思います。)

申込用紙の提出と手続き

番号が呼ばれたら該当の窓口へ行き、書類を一式提出します。

手続きの際に必要になるのが暗証番号の設定です。
暗証番号は3つ設定しますので、忘れないようにメモを取っておくことをお勧めします。

・ATMの暗証番号6桁(預金や出金の際に使用します。)
・窓口で預金や出金をする際の暗証番号4桁
・国外のATMを利用して外貨を引き出す際の暗証番号4桁

暗証番号の設定に続き顔写真の撮影が行われます。窓口にあるカメラで撮影します。それが終わると書類へのサインが必要になります。

印鑑を持っている場合は押印しますが、持っていない場合はサインでも代用可能です。

ちなみに窓口で別途案内されるのが、外貨預金に関する情報です。外貨を直接外貨預金口座へ入金する場合、初回は300TWDの手数料が発生しますが、2回目以降は初回発行される証明書を提出することで100TWDに割引されるという内容です。

台湾で外貨を両替する場合、金額が多くなる場合には外貨両替サービスを活用すると良いでしょう。

通帳とキャッシュカードの発行

手続きが完了するとその場で通帳とキャッシュカードが発行されます。キャッシュカードはデビッドカード機能がついているタイプが発行されます。クレジットカード機能付きも選べます。

ちなみに私が受け取ったキャッシュカードには国際カードブランドのCirrusとMaestroが付帯されています。これで台湾で口座に預けておいたお金を日本において日本円で引き出すことも可能になりました。

為替レートによっては日本で引き出すことで得するかもしれません。ちなみに海外でデビッドカードを利用して外貨を引き出す場合、手数料が一律70TWD(約238円)発生します。

まとめ

台湾で口座を開設する場合、中国語会話もしくは英会話力が求められます。

もし両方とも自信がない場合には、台湾の友達に頼んで一緒についてきてもらうと良いでしょう。

私の場合はどうしても口座開設が必要になりましたが、旅行者や短期出張者でも開設するメリットがあります。台湾に口座を開設しておけば、台湾にくる際に、引き出した現金を預けておくことができるからです。口座開設費用は無料なので、時間があれば口座を開設しておくと何かと便利だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る