【台湾入国】ほとんど並ばずに入国審査が受けられる「常客証」の申請方法

台湾入国に限らず他の国へ入国する際に必ず受けるのが入国審査(イミグレーション)です。

台湾への観光客の増加に伴い、特に桃園空港での入国審査に時間がかかるようになりました。今回は入国審査をスムーズに通過できる「常客証」の申請方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

常客証とは

常客証とは台湾に過去1年間に3回以上台湾に入国した実績を持つ外国人に対して発行される証明書のことで、正しくは「外籍商務人士使用快速查驗通關證明(英名:Speedy Immigration Inspection Certificate for Foreing Frequent Visitors)」と呼ばれています。

常客証を持っている外国人は入国審査の際に「快速查驗通關」(スピーディイミグレーション)を利用できるため、一般のイミグレーションを利用するよりもより早く入国審査が受けられます。(出国時も利用可能)

常客証の申請条件

常客証の申請条件は申請日を起点として過去1年間に3回以上台湾に入国していることです。有効期間は承認日から1年で、それ以降は1年ごとに更新する必要があります。

申請の際に必要なもの

・パスポート
・中華民国統一證號(マイナンバー)もしくは居留証(無くても可)
・査証(ビザがある場合)

【台湾】銀行口座開設に必須のマイナンバー「中華民國統一證號基資表」を取得する方法
台湾では観光ビザで銀行口座を開設するには「中華民國統一證號基資表(マイナンバー)」の取得が必要です。中華民國統一證號基資表の申請の流れを紹介します。

申請手順

常客証の申請はインターネットからできます。出入国の実績を確認するため、念のため事前にパスポートの出入国記録を確認しておきましょう。

1.中華民國內政部移民署(内政部)のホームページにアクセス

2.ページ下のYes,I understand the content and requirement above, and want to apply.(はい、申請に関する内容と条件について理解しましたので申請を希望します)をクリック。

3.項目ごとに必要事項を入力

4.入力が完了したら申請(Apply)を選択

5.条件を満たしている場合は申請が即座に受理され、「常客証」をプリントアウトできます。

常客証を利用する

常客証を取得したらプリントアウトした常客証とパスポート、記入済み入国カードをもってイミグレーションに向かいます。常客証を持っている場合、「快速査驗通關」と表示された場所へ行き、入国審査を受けてください。入国審査の際のカメラによる撮影と指紋採取は通常利用するイミグレーションと同じです。

実際に桃園空港で利用してみましたが、一般レーンにはかなりの列ができていたのに対し、「快速査驗通關」には並んでいる人がいなかったので、3分ほどで入国審査が完了しました。

まとめ

観光旅行や出張で繰り返し台湾を訪れる機会がある場合は、常客証を申請するメリットが大きいです。特に旧正月などの時期はイミグレーションが混雑するためスムーズに入国できる常客証があれば待ち時間を短縮できます。ちなみに申請にかかる費用は無料です。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る