【バニラエア】機内持込手荷物ルールの変更と注意点

全日空の子会社のバニラエアが2017年10月29日(日曜日)から機内持ち込み手荷物の条件を変更します。持込手荷物の重量が大きく変更されるため、10月29日以降搭乗予定の方はくれぐれもご注意ください。

スポンサーリンク

変更点

今回の変更点は主に3つです。

1)機内持込手荷物の重さの変更
2)持込手荷物のサイズ変更
3)持込手荷物の確認強化

1.持込手荷物重量の変更

機内持込手荷物の重量が身の回り品を含め7キロまでに制限されます。これまでは10キロまで機内持ち込み可能でしたから、3キロも少なくなります。

2.持込可能な手荷物のサイズ変更

機内に持ち込める手荷物のサイズが55cm×40cm×25cm以内に変更されます。これまでは56cm×36cm×23cm以内でしたので、荷物の高さが最大1cm小さくなり、幅と長さが増えます。機内持込可能手荷物の個数はこれまで通り2個までと変わりません。

3.機内持込手荷物の確認強化

これまでもバニラエアの機内持ち込み手荷物確認は他のLCCと比較しても厳しかったのですが、さらに手荷物確認が強化されるため、注意が必要です。手荷物サイズが規定よりも超過した場合は、預け入れ手荷物扱いになるため、あらかじめ手荷物をチェックし、サイズオーバーだということが分かっていればあらかじめ追加預入分を購入しておきましょう。

【LCC】バニラエアの受託手荷物を追加購入する方法
バニラエアの受託手荷物を追加購入する方法をまとめました。

手荷物サイズ変更に伴うメリットとデメリット

手荷物サイズや重量が変更になったことから、今後は機内への搭乗がさらにスムーズに進むことが期待されています。持込手荷物のサイズが機内の荷物棚にスムーズに入るように変更されたため、搭乗時の手荷物の荷物棚への収納時間が短縮される可能性が高いです。これによりこれまで以上に定刻で出発できるようになる便が増えることでしょう。

デメリットは持込手荷の重量が3キロも少なくなるため、預け入れ手荷物を予約せずに登場する場合、必要最低限の荷物しか持ち込めなくなります。私の場合、仕事の関係でパソコンやiPadなどのモバイル機器を複数持ち運びしなければならず、バニラエアを利用する場合はモバイル機器を減らさないといけなくなります。これはかなりのマイナスです。

出国時に免税店でお土産などを購入する際にはさらに注意が必要です。おそらく10月29日日曜日の新たな手荷物規定がスタートすると、出国ゲート通過後の免税店での購入者に対して目を光らせている可能性が高いです。これまでもメジャーをもって待機するスタッフがいましたが、今後はメジャーでの測定に加えて重量チェックが行われる可能性があります。出国時に免税店で購入する場合は必要最低限のものに抑えておく必要があるでしょう。

【LCC】バニラエア高雄便の機内持込手荷物と預入手荷物検査は本当に厳しいの?
【LCC】バニラエアの機内持込手荷物と預入手荷物の最新情報と注意点をまとめました。

手荷物の重量をチェックする場合、とスマートに重量チェックをするために、ラゲッジチェッカーをお勧めします。

MYCARBON荷物 旅行はかり デジタル はかり 計量 器 携帯式デジタル スケール ステンレス仕上げ 最大50kgまで量れる 吊り下げ式ラゲッジチェッカー 旅行 アウトドア ホームに最適の秤 便利 軽量 風袋引き機能付 シルバー

新品価格
¥1,298から
(2017/3/9 19:25時点)

まとめ

他のLCCの場合、例えばスクートはボーイング787を使用していることもあり、機内持込手荷物についてのルールは厳格ではありません。タイガーエアもバニラエアとは比較にならないほど手荷物についてのチェックが甘いです。今後台湾などの国際線を利用する場合、バニラエアよりも他のLCCを利用するほうが良い場合があるかもしれません。

手荷物に不安を感じるなら、前もってネットで追加の手荷物を予約しておきましょう。旅行代理店経由で申し込んだ場合、バニラエアの公式ホームページからは手荷物の追加ができない場合があるので、旅行代理店を通じて預け入れ手荷物の予約を行うことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る