【高雄・鳳山】日本人店主が作る本格豚骨ラーメン「RAMEN初(ui)」に行ってきた

高雄駐在の日本人におススメの本格豚骨ラーメン店がついに現れました!

高雄には「日式拉麺(日式=日本風)」という看板を掲げたお店がたくさんありますが、実際に食べてみると拍子抜けなことが多く「日式拉麺」に幻滅したなんておっしゃる方が少なくありません。

かくいう私もこれまで「日式拉麺」に何度も“裏切られて”きました。でも今回ご紹介するお店はちょっと違います。その名も「RAMEN初(ui)」。実際に行って確かめてきましたので情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

RAMEN初(ui)

RAMEN初(ui)は日本人が経営する豚骨ラーメンのお店です。Facebookにお店の情報が掲載されています。店名の由来が紹介されています。

店名的由來是日語的自我介紹是”初めまして”的”初”。意思是請多多指教。還有一個是”初心”的’初”。做事都不要忘記初心的心態。ーRAMEN初(ui)Facebookから引用

なるほど、「初めまして」の“初”と「初心」の“初”の意味が込められているわけですね。「初心忘るべからず」の気持ちが込められているなんて、なんとも日本的です。

「RAMEN初(ui)」のFacebookはこちら

行列ができるラーメン店

豚骨ラーメンなんて台湾で人気があるのかな、と思いながらお店を目指しました。どうしてそう思ったのかというと、漢神巨蛋(阪神デパート)にあの「一風堂」が入っているのですが、平日はお客さんが少なく並ばずに入れたので、きっと同じだろう、と考えたからです。私がお店についたのは午後7時前。その時点で私の期待は見事裏切られました。

なんとすでに店の外には大勢の人が待っているではありませんか!

RAMEN初(ui)は番号札制になっていて、並ぶ前にレジの小姐から番号札を受け取ります。私が受け取った番号は「28番」まだ15番までしかよばれていないとのことで、30分以上はかかりますよ、と言われてしまいました。

場所は車通りがそれほど多くない目立たない場所なのですが、次から次へとお客さんがやってきます。それもそのはず、地元高雄人の評価が高く、Facebookの評価は☆4.9。

ただ肝心なのは「味」。これまでも評価が高い「日式拉麺」のお店に行きましたが残念な結果に終わってきたからです。

店舗の様子

並んでいる間にRAMEN初(ui)の看板や店内をチェック。マンションの一階にあるテナントに入居しています。

看板には営業時間と番号札を受け取ってお待ちくださいという案内が。

ドアには「スープなくなり次第終了」と書いてありました。これはまさしく日本式ですね。

店内は清潔でいたってシンプル。お客さんは私たちを除いてすべて地元の人ばかりです。

豚骨スープの独特の香りが店内に充満しています。これなら期待できそうです。いったん外に出て待つことにしました。

メニュー

メニューは画像の通りで、日本語の表記もあります。値段は160TWD(約600円)からと良心的な値段設定。これも人気の理由なのかもしれませんね。

ちなみに替え玉は20TWDとなっていますが、私が行った時点では替え玉2回まで無料でした。この手の豚骨ラーメン店の場案、日本では替え玉1回100円前後ですから、これはかなり太っ腹だと思います。

待つことさらに45分、ついに「28番」が呼ばれました。入店すると「いらっしゃいませ!」と威勢のいい挨拶で迎えられます。

注文方法

注文はレジで行います。中国語がわからない場合は、注文したい商品を指させばOKです。支払いは現金のみで前金制です。私は葱豚骨拉麺(ネギ豚骨ラーメン)、妻は豚骨醤油拉麺(豚骨醤油ラーメン)を注文しました。

メニューにライスがなかったので小姐に尋ねてみると、ライスはないのですが、チャーシュー丼(50TWD)ならあります、とのことで今回は見送ることにしました。

待望の豚骨ラーメンがやってきた

席は満席で相席になりました。

水はセルフサービスになっていて、日本式にこだわっているのがよくわかります。調味料は胡椒、一味唐辛子、白ゴマだけで紅ショウガや高菜はありませんでした。外国で日本のものを仕入れるのは大変なんですよね。

待つこと10分、豚骨ラーメンがやってきました!

葱豚骨拉麺(ネギ豚骨ラーメン)

表面には他の具材が見えなくなるほどたっぷりの青ネギが乗っています。

豚骨醤油拉麺(豚骨醤油ラーメン)

大きなチャーシュー、ネギ、ゴマ、キクラゲが添えられています。見るからにクリーミーなスープです。

実食

スープは白濁の濃厚豚骨スープ。濃厚でありながら臭みは感じられずすっきりとしています。塩加減もちょうどよく台湾人の舌をよく研究しているなという印象です。もちろん日本人の私も美味しいと感じるスープです。

麺は腰がある細麺で若干固ゆで。麺にスープが絡み絶妙の味わいです。感動したのがチャーシュー。しっかりと煮込まれていて口の中でホロリと溶けていきます。高雄でこれほどのチャーシューが食べられるとは思いませんでした。

じつはこの日替え玉を2回も注文してしまいました。替え玉の注文は日本語でも大丈夫ですので、中国語が出来ない方でも安心ですよ。店主に向かって「替え玉一つ!」と注文すると「ハイ!」と大きな答えが返ってきました。

しばしラーメンを食べるのに夢中になりあっという間に完食!スープも美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

まとめ

店内はとても混雑しているので今回オーナーとお話しすることはできませんでしたが、店舗が繁盛しているのがよくわかりました。台湾の地元グルメは美味しいものばかりなので、厳しい商売環境でこれほどの人気を保っているのに驚かされました。日本の味が恋しくなったら足を運んでみてはいかがでしょうか。

RAMEN初(ui)へのアクセス情報

営業時間: 18:00-21:30(スープがなくなり次第終了)
定休日: 毎週月曜日
住所:高雄市鳳山區五權南路226號

アクセス:高雄MRT(高雄捷運)鳳山站下車1番出口から自由路を進み、五権南路を左折後すぐ(駅から徒歩約4分)

【高雄】捷運(高雄地下鉄MRT)の乗り方ガイド2017年最新版
高雄旅行に欠かせない乗り物といえば高雄捷運(高雄地下鉄MRT)です。高雄捷運(高雄地下鉄MRT)の乗り方やきっぷの購入方法、乗車時の注意点を紹介しています。
【高雄MRT】iPass(一卡通)カードを高雄捷運の駅券売機でチャージする方法
高雄での生活や観光に欠かせない交通手段高雄捷運(高雄MRT)やバスなどで利用できるiPass(一卡通)についての情報とチャージ方法を紹介。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る