【台湾】高雄観光の定番「六合夜市」

高雄の観光名所の一つといえばだれもが思い浮かぶのが「六合夜市」です。高雄市内には夜市がいくつもありますが、最大規模を誇るのが「六合観光夜市」です。

スポンサーリンク

六合夜市とは


六合夜市とは、高雄市の六合路で夜間になると開かれる夜市(ナイトマーケット)で、1950年ごろから65年以上の歴史を持つ観光夜市です。六合夜市が開催される六合路周辺は夜間歩行者天国になるため安全です。周辺にはたくさんの屋台が軒をつらね、高雄のエキサイティングな夜を演出しています。

六合夜市は初心者でも楽しめる

六合夜市が高雄観光初心者に向いている理由は、歩行者天国になっているだけでなく、広い道路上で開催されるため、ゆったりとした気分で楽しめるからです。屋台の人たちは日本語や英語が話せる人も多いので、中国語ができなくても安心して観光が楽しめます。日本語が話せない店でも、ほとんどの店で日本語メニューがおいてあるので安心です。

グルメも納得の料理

六合夜市でおすすめなのが、高雄港で水揚げされた新鮮な魚介類を使った料理です。屋台には新鮮な魚介類が並べられ、注文の際は食べたい材料と料理方法を指定します。煮る、焼く、揚げる、蒸す、スープにする、など調理方法を指定すれば、料理がテーブルに運ばれてきます。

値段は日本よりも格段に安く、お手頃価格で新鮮な魚介類をおなか一杯食べられます。

六合夜市で食べられるのは魚介類だけではありません。

台南名物の「台南擔子麵」、屋台飯の定番「蚵仔煎(オアチェン)」(カキオムレツ)、一度は挑戦してみたい「臭豆腐」

パパイヤミルク(木瓜牛奶)が飲めるフレッシュジューススタンド、スターフルーツで作る名物スイーツ「楊桃湯」、低価格スイーツの定番「豆花」、台湾ならではのタピオカミルクティ(珍珠奶茶)などの屋台が並んでいます。

雑貨屋も充実

六合夜市には雑貨屋もたくさんあります。中華系の服や靴、民芸品なども販売されているので、台湾のお土産もここですべてそろってしまいます。

六合夜市を歩く時の注意点

六合夜市を歩くときに気を付けたいのが「スリ」です。ここ最近は中国との関係が悪化していることもあり、大陸からの観光客が減っていますが、時折大陸からのプロのスリ集団がやってきて”一仕事”していくのだとか。ナップザックは前からかけるようにするのがベストです。貴重品は肌身離さず持ち歩くようにしてください。

心配になるのがトイレだと思います。六合夜市の玄関中山路側に捷運美麗到站(高雄市メトロ美麗島駅)がありますので、駅のトイレを利用すると良いでしょう。清潔ですし、トイレットペーパーも用意されているので安心です。

六合夜市へのアクセス方法

捷運美麗到站(高雄市メトロレッドライン、オレンジライン美麗島駅)下車、11番出口を出てすぐ。高雄駅からは中山一路方面へ進み徒歩約10分。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る